タイに旅行に行ったとき、水上マーケットで新鮮な美味しいドリアンを食べました

わたしが初めて「ドリアン」を食べたのは、家族でタイに旅行に行った時のことです。

トラピックスのツアーを利用したのですが、船に乗って水上マーケットの観光をしていた時にドリアンを売りに来た小船がありました。

 

ツアーコンダクターの人から「新鮮なドリアンはとても美味しいので試しに買って食べてみませんか?」とすすめられました。

 

ほとんどの同行した旅行者の人がしり込みする中、好奇心旺盛な我が一家はドリアンを買ってその場で割ってもらいみんなで手づかみで食べたのですが、別に嫌な臭いなどは一切せずまるで濃厚なクリームチーズのようなコクとまろやかさがあってとても美味しかったです。

甘味はそれほど強くなかったのですが、上品なカスタードクリームのようなほんのりとした優しい甘さがありました。

ドリアンは臭くてとても食べられないという話を聞いたこともあったのですが、熟成をさせるにつれて独特の臭いがしてくるので、少し臭いがあるかなと感じたころが食べごろなのだそうです。

 

日本に帰ってから娘がまたドリアンをぜひ食べたいというので、南国フルーツオンラインショップというお店からお取り寄せをしたのですが、届いたときにはもうすでに少し臭いがしたのですぐに大ぶりの包丁で割って家族で食べました。

タイで食べたフレッシュな味わいには叶わない気がしたものの、独特のなめらかな舌触りとコクのある食感を十分に楽しむことができ大満足でした。

 

送料込みで1個5000円という値段は決してお安くはないと思いますが、好きな人間には癖になる贅沢な美味しさです。

質の良い新鮮なものを選べばパーティーの楽しい話題づくりにもいいのではないかと思います。