ライチによく似た果物、竜眼(リュウガン)

竜眼(リュウガン)」は日本ではとても珍しく、なかなか食べられない果物です。

 

沖縄の一部地域で栽培されているそうですが、本州ではほとんど目にしたことはありません。

名前で「ドラゴンフルーツ」と間違える方もいますが、別物です。

 

竜眼は中国では、露店で売っているほど気軽に食べられるものです。

葡萄のように枝から房状に果実が実っていて、茶色くてごわごわした薄い皮をむいて食べます。

皮の中には、白濁したゼリー状の果実があり、真ん中に大きな種があります。

見た目はライチによく似ていますが、別物です。

 

皮をむくと、漢方薬のような独特の香りがします。

また、みずみずしそうな見た目とは少し違って、やや乾燥したような食感です。

 

味はライチのような甘さはなく、素朴な中に、独特な漢方薬を噛んでいるような風味があります。

噛めば噛むほど健康になるような気がする味です。

好き嫌いが分かれる味だと思います。はまるとくせになります。

 

都内デパートのフルーツ専門店などで気にして探していますが、残念ながら見たことがありません。

中華街では一度見たことがあるので、季節によっては、入荷している可能性があります。

 

生の果物を食べるのは入手が難しく困難な場合がありますが、竜眼を乾燥させたものは手に入ります。

中華料理店では、竜眼をスープに入れたりしているところもあります。

缶詰が売っていたりもします。

 

漢方薬としての竜眼は、滋養強壮の効果があると言われているので、体にもいいです。

ぜひ、食べてみてください。

今注目のフルーツ、アサイー

最近では、流通技術の発達によって、世界各地の珍しい野菜や果物が入ってきております。

 

そんな中でも、今一番注目されている珍しいフルーツと言えば、「アサイー」でしょう。

なんだか浅井さんみたいな名前ですが、アサイーはれっきとしたフルーツです。

 

最近では、スーパーマーケットに行くとアサイージュースやアサイー味のスイーツなどを売っているところも増えてきております。

ファストフード店などでも、アサイー味のものを販売していたりしますね。

 

アサイーというのは、ブルーベリーに似た外見をしております。

味もブルーベリーに近いかもしれませんが、アサイーが注目されているのはその効果。

アサイーを食べてダイエットに成功したという報告が、ちらほらあるのです。

 

もちろん効果は個人により差はあり、適切な運動も併用することが重要なのはいうまでもありません。

それでも、アサイーにそれだけの効果があるというのならば、一度試してみたいとも思うはず。

 

しかし困ったことに、アサイーは近くのスーパーマーケットでは販売されていません。

アサイーの加工食品ならば売っているのですが、アサイーそのものは売っていないのです。

 

ではどうすればいいのかといえば、輸入食品を多く取り扱っている業者がおすすめです。

アメリカ資本の巨大スーパーマーケットであるコストコや、全国各地に展開しているコーヒー豆などを販売するお店、カルディコーヒーファームなどでも販売しております。

カニステルという不思議な果物

日本にはポピュラーな果物の他にも、外国産のトロピアカルな果物など、沢山あり食べる事ができますが、まだまだ知らない果物は沢山ありますね。

最近、沖縄に行った時に、沖縄の親戚が「試しに食べてみて!」と見た事がない果物を私に、食べるように促して来ました。

初めて見る果物で、少しマンゴーみたいな色ですが、そんなジューシーな感じもしないような果物でした。

名前を聞いたところ「カニステル」と呼ばれる果物で、沖縄で最近作っている農家があるようですが、まだまだマイナーな果物との事でした。

それで恐る恐る食べて見ましたが、なんとも不思議な食感でした。

見ためのとおり、パサパサしていますが、甘い味で、中に大きな種が入っていました。

 

お芋に似ている食感で、不思議な味でしたが美味しい果物でした。

その後に、冷やしたカニステルも食べて見ましたが、こちらはアイスクリームみたいな味で、冷える事によってまろやかで、この食べ方が私は好きですね。

取れる時期も、結構年中食べれるようなので、沖縄に行った時は探してみるといいですよ。

 

あと、大きな種が入っていますが、沖縄から持って帰って、菜園に適当に埋めていたんですが、なんと芽が出てきました。

立派に育つのか分かりませんが、このまま育ててみたいと思います。

 

ちなみにカニステルは、呼び方をエッグフルーツと呼ぶ場合もあるようなので、沖縄で探す時は、参考にしてみてください。

不思議な果物なので一度はぜひ食べてみてくださいね。

森のアイスクリーム・チェリモヤ

私は珍しい食べ物を買って食べるのが好きで、いつか外国に行って現地で木からもぎたての珍しい果物を採って食べたい、と友人に話していました。

友人も外国の果物に興味があるそうで、自分で育てようと苗を買った、という話をしてくれました。

残念ながらまだ実がなるほど成長していないし、食べたことはないんだけど、言っていました。

私は興味を持って、「何ていう果物?」と聞くと「チェリモヤっていう果物」というのでその場ですぐ名前をメモしました。

家に帰ってから「チェリモヤ」について調べました。

南米、ペルーやエクアドルの暑い国の果物で「森のアイスクリーム」と呼ばれている、日本でも栽培されている、ということが分かりました。

和歌山でチェリモヤを栽培し、通販で売っているところが見つかりました。

 

私はAmazonで注文しました。その時は1.4kgで3100円でした。

時期は9月から1月頃だそうです。私が注文したのは11月頃でした。

ネットでチェリモヤについて調べると「追熟」という言葉が出てきます。

硬いままで食べるとおいしくないのです。

十分軟らかくなってから食べなければいけません。

しかも、熟しすぎると腐って苦くなってしまいます。

届いたチェリモヤは3個でした。

大きめのものが1個、小さめのものが2個でした。

チェリモヤを教えてくれた友人に大きいのを1つあげました。

毎日状態をチェックして今日は食べられるか?明日か?と緊張しました。

 

「よし、今だ!」と思って切ってみると、どうやらちょうど良かったみたいです。

外側は黄緑で大きい洋ナシのような形、ピンピンとナスのヘタのようなとがった部分があります。

中は白い果肉に黒い種が点々とあります。

味は酸味のあるヨーグルト風なのとバニラアイス風のがあり、見かけでは分からない、とのことでしたが、私の食べたのはどちらも酸味のないアイスクリーム風のものでした。

 

ほかにたとえようがないのですが、酸味がない、甘い、ということでみずみずしいバナナみたいな味とも言えるかもしれません。

ライチとかラ・フランス系の甘みで香りは特になかったです。

野生児でしょ?山でアケビを食べました

スーパーでは多分手に入らない(私は売っているのを見たことがない)山で自生している「アケビ」を食べました。
先日父と山へハイキングに行った際に父がアケビの木を見つけて実をとってくれたんです。

見た目は紫色で大きさは10cmくらいで少し平べったい感じです。

 

ナスほど濃い紫ではありませんが、さほど見た目では美味しいかどうか伝わらないです。

ちなみに秋のフルーツですよ。

 

食べ頃になると自然に身が割れます。

紫の実を割ると中は白くて黒い種がたくさん入っています。

 

種はもちろん食べずに白い部分だけを食べるんです。

その白い部分はゼリーっぽい感じで甘味があり美味しいです。

 

私の家のスーパー(結構大きいんですよ)には売っていないのですが、場所によっては秋になると店頭に並ぶスーパーもあるようですね~羨ましいです!

なので、山でアケビを見つけたらちゃんと持って帰って保存します。

 

アケビの保存方法は熟すと実が割るので乾燥しないように保存用のポリ袋に入れます。

そして冷蔵庫で保存し、5日以内くらいに食べきります。

 

正直食べごたえはないフルーツですが、栄養価としてはビタミンCや葉酸、カリウムが豊富です。

美肌効果や心筋梗塞や脳梗塞を予防する効果も期待されます。

 

アケビは白いゼリー状の部分はフルーツとして、そして果皮は炒めものなど野菜っぽく調理して食べることができます。

1つで2度美味しいんです。

 

近くのスーパーで手に入らない場合はぜひ山に行ったとき見つけて食べてみることをおすすめします。

給食に出てきて意外だと思った果物マンゴスチン

あまり珍しいものを食べたということはないのですが、珍しいと思ったのは「マンゴスチン」でしょうか。

 

よく給食に出てきて食べづらいなと思っていたことがあります。

ただ食べると甘みがあって美味しいので嫌いではありません。

 

この果物はとにかく見た目以上に甘みがあるという特徴があるので、最初は尻ごみするような感じになります。

私も最初は食べなかったのですが、後から食べると意外と美味しいなと思ったのです。

 

マンゴスチンは給食のときに出されたので自分で買って食べたということではありません。

果物の専門店に行くとたまに置いてあることを見かけるので個人で購入できるのは確かです。

 

個人で購入する場合はとにかく殻の部分を剥かなければならないのが難しい所です。給食の時には中身だけ置かれていたことが多かったのですが、後から調べると中身を取りださないと食べられない果物となっていました。そのため食べる場合は中身を取り出すという作業をしなければなりません。

結構珍しいと思うのですが、なかなか食べる機会も無いように思います。

もしそのような機会があるなら是非とも食べてみたいものです。

 

高いという話も聞いているので手を出すことは難しいのかもしれませんが、子供の頃に食べた味が本当なのかどうか自分でも確かめたいと思います。

 

購入する場合は果物の専門店に行った方が手に入りやすいので、マンゴスチンを見つけたいと思っているならスーパーよりも専門店がお薦めです。

驚きの味覚変化が起きる果物ミラクルフルーツ

私が珍しいといわれる果物、「ミラクルフルーツ」のことを知ったのはテレビ番組が最初でした。

 

ジェリービーンズのようなつやつやとした赤い実はおいしそうで、元々果物が好きな私はテレビ画面に釘付けになりましたね。

しかしそれそのものには大して味はなく、味覚を変化させるというのが特徴の果物なのだと聞いて、一層食べてみたいと思いました。

 

これまで生きてきた中で見たことのない果物でしたし、近所のスーパーには無いだろうと踏んで、それならばとインターネットで検索をかけてみたのが、その存在を知った次の日のこと。

そして見つけた通信販売の文字に、私はほとんど勢いのまま注文を決めていました。

珍しい果物にしては、値段もそれほど高くなかったからというのもあります。

 

自宅に届いたミラクルフルーツは、やはりおいしそうな見た目をしていました。

ベリー風な味を想像できる外見です。

私は早速レモンやらミニトマトやらを用意して、実験を試みてみることにしました。

 

ミラクルフルーツの種自体には苦味があるとのことで、思い切り口の中で噛み潰すよりは、軽く果汁を舌全体に行き渡らせるような食べ方をするのがおすすめとのことでしたね。

特に疑問も無かったのでその指示に従い、皮に歯を立てて後はなめるように口の中で転がしていきます。

本当に味という味がなく、食べ物じゃないものを口の中に入れているような感覚でした。

 

その後食べたレモンは、まさに衝撃の味でした。

レモンの酸っぱそうな香りはそのままに、口の中に広がるのは優しい甘さで、なんともいえないおいしい果物になったのです。

 

お菓子やデザートにあるような人工的な甘さではなく、あくまでレモン本来の風味に、甘さがふわっと入った感じです。

 

ミニトマトは甘みの強いフルーツトマトのような味になり、一緒に食べた家族は、ワインとのコンボがかなり気に入ったらしく暫くつまみ代わりにミラクルフルーツを口にしていました。

 

舌の錯覚により甘いと感じるだけなので、過剰な糖分を摂ることもなく、ダイエット中にもおすすめな珍しいフルーツを、是非一度おためしあれです。

タイに旅行に行ったとき、水上マーケットで新鮮な美味しいドリアンを食べました

わたしが初めて「ドリアン」を食べたのは、家族でタイに旅行に行った時のことです。

トラピックスのツアーを利用したのですが、船に乗って水上マーケットの観光をしていた時にドリアンを売りに来た小船がありました。

 

ツアーコンダクターの人から「新鮮なドリアンはとても美味しいので試しに買って食べてみませんか?」とすすめられました。

 

ほとんどの同行した旅行者の人がしり込みする中、好奇心旺盛な我が一家はドリアンを買ってその場で割ってもらいみんなで手づかみで食べたのですが、別に嫌な臭いなどは一切せずまるで濃厚なクリームチーズのようなコクとまろやかさがあってとても美味しかったです。

甘味はそれほど強くなかったのですが、上品なカスタードクリームのようなほんのりとした優しい甘さがありました。

ドリアンは臭くてとても食べられないという話を聞いたこともあったのですが、熟成をさせるにつれて独特の臭いがしてくるので、少し臭いがあるかなと感じたころが食べごろなのだそうです。

 

日本に帰ってから娘がまたドリアンをぜひ食べたいというので、南国フルーツオンラインショップというお店からお取り寄せをしたのですが、届いたときにはもうすでに少し臭いがしたのですぐに大ぶりの包丁で割って家族で食べました。

タイで食べたフレッシュな味わいには叶わない気がしたものの、独特のなめらかな舌触りとコクのある食感を十分に楽しむことができ大満足でした。

 

送料込みで1個5000円という値段は決してお安くはないと思いますが、好きな人間には癖になる贅沢な美味しさです。

質の良い新鮮なものを選べばパーティーの楽しい話題づくりにもいいのではないかと思います。

不思議な果物「ポーポー」

ポーポー」という果物を、ご存知でしょうか?

 

見た目はアケビのようですが、種類の違う、北米原産の果物です。

耳慣れない果物の名前ですよね。でも実は、明治時代には日本に入ってきていたそうです。

 

わたしはこの果物を、巣鴨の大通りにある果物屋さんで見つけました。

「アケビじゃないよ!」という謳い文句に興味を持って買ってみて、早速自宅で食べてみました。

 

買うために手に持った瞬間から、甘ったるいような独特の香りがあって、かなりくせのある果物かもしれないなと身構えていましたが、実際に食べてみると……やはりけっこう癖がある果物でした!

 

まず割ってみると、マンゴーのようなカボチャのような、濃い黄色の果肉が出て来ます。

種もたくさん入っています。

形は細長かったですが、このポーポーは不揃いな形で育つものなのだそうです。

 

食べてみると、食感がねっとりしていて、まるでクリームを口に入れたかのよう。

濃厚な甘い味が、むわーっと広がって、南国の果物っぽい味だなと感じました。

 

甘みがものすごく強く、たいていの果物にはある酸っぱさはありませんでした。

このねとっとした甘さが病み付きになる人と、絶対に苦手だという人とで、別れるのではないかなと思いました。

 

わたしは美味しかったので、とても好きです。

ちなみに北米ではカスタードアップルと呼ばれ、お菓子の材料などに珍重されているようです。

 

無農薬栽培が可能で、身体にも優しいみたいです!

お釈迦様の頭のようなバンレイシという珍しい果物

台湾へ旅行した時に「バンレイシ」という珍しい果物と出会いました。

台湾東部のお店で見かけたのですが、何やらゴツゴツとした風体だったので食べるのに気が引けてしまいました。

しかし、日本ではまず見かけることがない珍しい果物だったので食べてみることにしたのです。

 

果肉を口にしてみるとシャリシャリとした食感で口いっぱいに甘みが広がりました。

英語ではシュガーアップルと呼ばれており、甘いリンゴシャーベットのように感じられました。

 

残念ながら検疫の関係で日本へ持ち帰ることはできなかったのですが、バンレイシはお釈迦様の螺髪のような形をしているので釈迦頭と呼ばれていることを教えてもらいました。

 

日本に帰ってから「バンレイシ」や「釈迦頭」という名前で探していたところ、沖縄で栽培されていることを知ったのです。

早速、インターネット通販で購入しようとしたのですが、収穫数がたいへん少なく時期も限られていますのでなかなか入手できませんでした。

 

ようやく1キロあたり約2500円ほどで購入することができ、食してみたところ台湾で食べた時よりも甘みが強いように感じられました。

 

もう一つの入手方法として、沖縄からバンレイシの苗を購入して栽培するというものがあります。

気温が10度以下になると成長が止まってしまうので、ある程度の生育環境を整えなければなりません。

約2年から4年ほどで収穫に至りますので気長に待てるのであれば、自ら栽培することも可能な果実です。