普通のパイナップルとは違う、スナックパインを食べてみた感想

今はとても珍しい野菜や果物が多いです。

中にはなかなか手に入れることが出来ないものなどが多いです。

 

その中でも私が食べたことがある珍しい果物は、「スナックパイン」といわれているものです。

その名前を聞けばわかると思いますが、パイナップルです。

 

パイナップルであれば食べたことがあるという人も多いかもしれませんが、このスナックパインは普通のパイナップルではありません。

普通パイナップルを食べるときには、上についているヘタを取り、その上で皮をむく必要があります。

 

皮を向いてようやく実を食べることが出来るようになります。

なので、パイナップルを食べるまでには結構な手間が必要になってしまうものです。
その点、スナックパインはそのようなことがありません。

スナックパインは、スナック感覚で食べることが出来るパイナップルなのです。

 

下準備として行うこととしては、ヘタを取るということだけです。

ヘタを落としても皮はどうするのか、と思うかもしれません。

 

ですが、皮はそのままでも大丈夫です。

見てみると一粒一粒皮に区切りがあるのがわかります。

 

この部分をひっぱるようにするだけで一口サイズのパイナップルを取り出すことが出来るようになっているのです。

 

食べるための手間がかからないということはもちろんですが、味についても甘さとすっぱさがあり、とてもおいしいです。

 

食べたことが無い人は、是非一度食べてみることをおすすめします