ライチによく似た果物、竜眼(リュウガン)

竜眼(リュウガン)」は日本ではとても珍しく、なかなか食べられない果物です。

 

沖縄の一部地域で栽培されているそうですが、本州ではほとんど目にしたことはありません。

名前で「ドラゴンフルーツ」と間違える方もいますが、別物です。

 

竜眼は中国では、露店で売っているほど気軽に食べられるものです。

葡萄のように枝から房状に果実が実っていて、茶色くてごわごわした薄い皮をむいて食べます。

皮の中には、白濁したゼリー状の果実があり、真ん中に大きな種があります。

見た目はライチによく似ていますが、別物です。

 

皮をむくと、漢方薬のような独特の香りがします。

また、みずみずしそうな見た目とは少し違って、やや乾燥したような食感です。

 

味はライチのような甘さはなく、素朴な中に、独特な漢方薬を噛んでいるような風味があります。

噛めば噛むほど健康になるような気がする味です。

好き嫌いが分かれる味だと思います。はまるとくせになります。

 

都内デパートのフルーツ専門店などで気にして探していますが、残念ながら見たことがありません。

中華街では一度見たことがあるので、季節によっては、入荷している可能性があります。

 

生の果物を食べるのは入手が難しく困難な場合がありますが、竜眼を乾燥させたものは手に入ります。

中華料理店では、竜眼をスープに入れたりしているところもあります。

缶詰が売っていたりもします。

 

漢方薬としての竜眼は、滋養強壮の効果があると言われているので、体にもいいです。

ぜひ、食べてみてください。