見た目も中身もびっくりした赤大根

私が見て、珍しいなと思ったのが赤大根です。

畑をしているご近所の方がお返しにくれたのが最初です。

 

きちんとした種類は分かりませんがちょっと太めで短い紫色をした大根でした。

こんなに鮮やかな色の大根なんてあるんだなと驚きました。

 

当然、初めて見ましたので調理方が分かりません。

そのいただいた方に聞くと、甘酢漬けがいいとのこと。

あとはそのまま大根おろしとかで生で食べるのがいいと教えてくれました。

 

早速、言われたとおりに甘酢漬けにすることにしました。

ちょうどすし酢もありましたのでそれにお砂糖を入れ、一晩と教えてもらったけれど、数時間で食べてしまいました。

 

それの美味しかったこと!しゃきしゃきしてて、甘酢というものにぴんとこなかったのにそれはとてもおいしかったです。

大根自体が美味しいんです。

 

また色もうっすら紅くきれいでした。

まだ余っていたのでそれも甘酢漬けにして今度は一晩漬けてみました。

 

一晩たって、見るとびっくり。

ご近所さんが言ってたようにきれいに紅く染まってました。

 

まるで食紅でも使って色をつけたような鮮やかさにびっくりしてしまいました。

味は…私は数時間の方が好きでした。

 

数時間の方が漬け込んでませんから、大根のしゃきしゃきした食感が楽しめます。

 

今ではスーパーでもちらほら見かけるようになりましたがあまり主流ではないのか見かけないところもあります。

 

見かけましたら、ぜひ購入して、生で食べて見てください。見た目も味も抜群に美味しいですよ。