安全なキャットフードとペットフード安全法

どのキャットフードが安全で安心であるということであれば、ペットフード安全法に触れないわけにはいかないでしょう。

ペットフード安全法は2009年に施行された法律ですが、それ以前までは業界団体の自主規制はあったものの事実上は野放し状態であったキャットフードを含むペットフードについて初めて法的規制ができたのです。

ペットフード安全法は「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が本当の名称です。2007年に中国産のペットフードにメラミンという有害物質が混入されており、アメリカで大規模なペットの健康被害がおき、その問題のペットフードが日本にも輸入されていた事からペットフード安全法が作られるきっかけになりました。

 

ペットフード安全法の施行によってペットフードの製造や輸入販売について法的な規制ができたことはキャットフードを含むペットフードにとっては一つの安心の目安になったということは事実でしょう。

しかし、ペットフード安全法は一部のペット愛好家の中でも、ザル法と呼ばれることがあるくらいに緩い法律であるという言い方もできます。もちろん、一応の安全基準はありますが、ペットフード安全法の基準のクリアーしたキャットフードが安心して与えられるかと言えば、とても安心して与えられるものではないと言えるでしょう。

 

いわば、ペットフード安全法の基準は最低限の守るべき基準であるので、安心してキャットフードを購入するには飼い主がしっかりとキャットフードを選ぶ必要があるのです。