安全なキャットフードとペットフード安全法

どのキャットフードが安全で安心であるということであれば、ペットフード安全法に触れないわけにはいかないでしょう。

ペットフード安全法は2009年に施行された法律ですが、それ以前までは業界団体の自主規制はあったものの事実上は野放し状態であったキャットフードを含むペットフードについて初めて法的規制ができたのです。

ペットフード安全法は「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が本当の名称です。2007年に中国産のペットフードにメラミンという有害物質が混入されており、アメリカで大規模なペットの健康被害がおき、その問題のペットフードが日本にも輸入されていた事からペットフード安全法が作られるきっかけになりました。

 

ペットフード安全法の施行によってペットフードの製造や輸入販売について法的な規制ができたことはキャットフードを含むペットフードにとっては一つの安心の目安になったということは事実でしょう。

しかし、ペットフード安全法は一部のペット愛好家の中でも、ザル法と呼ばれることがあるくらいに緩い法律であるという言い方もできます。もちろん、一応の安全基準はありますが、ペットフード安全法の基準のクリアーしたキャットフードが安心して与えられるかと言えば、とても安心して与えられるものではないと言えるでしょう。

 

いわば、ペットフード安全法の基準は最低限の守るべき基準であるので、安心してキャットフードを購入するには飼い主がしっかりとキャットフードを選ぶ必要があるのです。

一人暮らしをする時にあると便利なアイテム3選

一人暮らしをする時は家事を自分でしなければいけないので便利なアイテムを準備しておく必要もあります。
そこで一人暮らしをする時にあると便利なアイテムをいくつか挙げておく事にしましょう。

 

・電子レンジ専用炊飯器

 

一人暮らしをする時は料理も自分でしなければいけません。

料理をする時はご飯を炊きますが、普通の炊飯器でご飯を炊く時は水分量の調節など面倒な部分も出てきます。

 

しかし電子レンジ専用炊飯器を使用すれば食べたい分だけ電子レンジで簡単に調理する事が出来ます。
一人暮らしをする時に電子レンジ専用炊飯器があるとすごく便利です。

・ロボット掃除機

 

一人暮らしをする時は部屋の掃除も自分でしなければいけませんが、ロボット掃除機を使用すれば自分で掃除をする必要がなくなります。
スイッチを押すだけでゴミを吸い取ってくれるのですごく便利です。

 

スケジュール機能が搭載されているロボット掃除機を使用すれば決まった時間に掃除をしてくれます。
また普通の掃除機より消費電力が少ないので電気代を節約する事が出来るメリットもあります。

・充電式のハンディークリーナー

 

ロボット掃除機だと対応する事が出来ない細かい部分の掃除をする時に便利なのが充電式のハンディークリーナーです。
ドアのレールに溜まった細かい汚れをしっかり吸い取ってくれます。

 

また充電式のハンディークリーナーは液体を吸い取る事も可能なので飲み物をこぼしてしまった時にもすごく役に立つので一人暮らしをする時に持っているとすごく便利です。

家事の時間を短縮するために求められる効率的な動き

家事というのは終わりがないと思えるときがあるのではないでしょうか。

確かにある程度で満足できるくらいにできればそれでいいのですが、とことんしたいという主婦だと毎日がかなり忙しいに違いありません。その中でさらに時間を作り趣味や内職をするとなると家事がおろそかになるという懸念を持つことになるでしょう。

 

ではどのようにして時間を捻出するかということですが、効率的な動きが求められるということになり、その点でお勧めしたいのは、今よりも少し早く起きることです。30分早く起きれば信じられないくらいに効率よくいろいろなことを片付けることができて、時間がたくさんあることに気がつくに違いありません。早起きはかなり得なのです。

 

料理に関してはたくさん作って数日使えるようなシチューやカレー、ハッシュドビーフなどが便利であり、素早く準備ができるようになることでしょう。買い物は金銭的に余裕があれば宅配サービスを利用すればわざわざ買いに行く手間と重たいものを運んでくる手間を省くことができるでしょう。

 

掃除はきりがない部分でもありますので、ある程度のところで満足するようにすることや、できるだけ汚さないようにすること、普段汚れが目立つ部分を集中的にするようにして、それ以外はあまりやらなくてもいいかもしれません。

 

育児に関しては難しい判断が求められますが、子供の成長と共に手がかからなくなり多少時間を持てるようになっていくものであり、保育園に預けるということも状況によっては検討できるかもしれません。家事は時間を決めてこの時間までにすべてをやってしまうという目標を決めることで、そしてここからは自分の時間というスケジュールを組むことがよいかもしれません。